犀星ブログ

saiseikaji.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2016年 05月 07日

わすれがたみ




I try to say goodbye and I choke
I try to walk away and I stumble
Though I try to hide it, it's clear
My world crumbles when you are not near




涙は乾く


[PR]

by saisei-kaji | 2016-05-07 23:15 | Comments(0)
2016年 05月 07日

京都ふるどうぐ市を終えて

この度も出店させて頂きました、第3回京都ふるどうぐ市。
関係者みなさま、大変お世話になりました。

ありがとうございました。なみなみならぬご尽力・ご配慮に最大の感謝と、昨年から一年ぶりに顔を合せるご出店の同業者みなさまのお仕事への謙虚な努力と姿勢に見習わなければならないものを多く感じました。

派手でなくても、目立たなくても、みんなに見てもらいたい、知ってもらいたい、楽しんでもらいたい、便利に使ってもらいたいと思うものをコツコツ集めました。



こんなに、自分に自信の無い私を励ましてくれる、同業者の方々の優しさにはいつもどうやって返そうかと・・・・

今年のふるどうぐ市に参加していて、とても思った事が一つあります。
ふるどうぐ市の「方言」のようなものができつつあるのかなと思いました。

「方言」というのは、ここではうまく通じるのだけれど、あちらでは全く通じないといった、表現の共通性のようなものだとおもうのですが、確かに骨董の世界の中で、ふるどうぐ市のなかだけで、とても良くわかるやり方があるような。そんな気がしました。
骨董の世界は、数百円のものから、数千万や億の値がつくものを商売にしておられる業者・商店・競り市がたくさんあり、お金も人も思惑も大きく動くある一業種なわけで。その世界は人や関係がつなぐ深淵な世界だと思っています。その中の一つである事を、過不足なく正当な評価をしなくてはならないと思いました。
大きい小さいでは無く、その島が創った方言がすべてにならないように、要心する事が必要なのではないかと思ってしまったのです。


骨董の世界では、ものは、すでに物ではなく、もっと神格化されたような概念的な存在でありながら、物そのものでしか価値を表現できない存在です。

雨が降るような湿潤な肌の茶碗、
地層を抜き出したような信楽、
透けるような鍋島、時代が刻まれた古木。何度も脱皮した鉄。
湿気が沁み入ったようなガラス
仏像のような微笑みのこけし

そのものに幾ら着けてお客さまの前に出す事が正しいのか、とくに取り決めもありません。
いくらである事は重要ではなくなってきます。

秦秀雄は「それを見た眼が詩人であった」
と、ものが宿した魅力か、見つけた人間によるものなのか解答しています。

私は、私が出して来たもので、あなたの詩情が呼び出せたら、とてもうれしいです。












[PR]

by saisei-kaji | 2016-05-07 17:41 | その他 | Comments(0)