<   2015年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 02日

京都ふるどうぐ市を終えて

とても実のある経験となりました。
実行委員、スタッフ様方へのサポートへの感謝は尽きません。ありがとうございました。
ご来場の皆様、品に目を留めてくださった方々、健やかな陽気にも感謝雨霰です。

同業の先輩方やご来場のみなさまと接しながらの2日間、骨董が今までとは違う楽しまれかたをしはじめているのだと思いました。

先日発売された「BRUTUS」にて紹介されていたコレクターさんのエピソードに、あこがれてやっと手にしたものを白州正子さんに検分していただいたところ
「これが今のあなたよ」と差し出したものを指して言われたことが書いてありました。

骨董の蒐集の前時代は「ものが我が身を映す」ことだったのかもしれません。
多くを集め、手に入らないものを求めて、特別な何かに呼応していく趣味だったわけで。
しかし、件の会のお客樣方はもっと柔軟で「我が身を映す」ものを探しているわけではなく、骨董品も100円均一のものも同じ目線で「気に入り」の何か(店主のしつらえや正当派の骨董も)を見つけるためのお出かけだったのかなと感じました。


私のなかでも、骨董がカジュアルになる事にはなんの抵抗も、ありません。
むしろ特別に鍛えた審美眼を持たなければ触れられないものである事が、骨董のあり方を締め上げているようにも思います。
強要してはいけないな、とは思いましたが、骨董を前にした時にはお行儀が必要です。
それは「見せてください」「触ってもいいですか」といった一声からはじまり、持ちかたやそれがどんなものなのかと言う質問の仕方など色々あります。

なぜ、そんなことが必要なのか。と思われるかもしれませんが、
古いものは同じものが少ない、または無い事も多く、店主側は手間をかけ、お金をかけ、毎日を捧げて、「うちで出すもの」を揃えているわけです。
ひとえにそれは、「これが人の手にふれられて、目につく」ことが、その人の周辺を豊かにすると信じているからかとおもいます。


「ありがとうございます」「大事にして下さいね」と言って、手渡す時、そんな事を思いました。


骨董が投機や蓄財の手段であった頃に、そういったふれあい方が崩壊しましたし、骨董屋もあくどいやり方をしすぎました。しかし、物ものに罪はないし、そんなやり方を抜け出す骨董屋も多く居た、居るのだとお知らせしたいと思います。
そしてそんなやり方から抜け出した異端の店主たちが、いま愛されて、世代を交代しつつある時なのでしょう。
淘汰は、自然と起こるものです。


すこし角度を変えた話をします。
友達の陶芸家の作品を買って、自宅でつかっていました。
後日「買ったよ〜」といいながら、作家本人にみせた所。作家はこういいました。
「もう、かっちんの家のかおしてるな〜」
ものの顔つきが変わるのだと、教わった瞬間でした。
写真をとるだけでは、ここまでの骨董的体験をしていただけないので、少し残念です

ご購入の方々のお家で、飾られて使われて、変化してゆく「ものの深み」まで添えて、商いにして行きたいなと思い直した次第です。



b0346100_13051358.jpg

今戸鉄砲狐 個人蔵
ご購入ありがとうございました。

[PR]

by saisei-kaji | 2015-05-02 13:10 | その他 | Comments(0)