犀星ブログ

saiseikaji.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 4 )


2017年 03月 22日

期待と落胆とお祝い




繰り返す間違いや、失敗、ジレンマを飲み込んでいきながら、
わたしは何を得てきたのか、考えています。

すこしでもポジティヴで微笑みながら語ることのできる自分についての事柄をふやすようにしていこうと思いました。

期待して、次の日に期待して。
明日が嫌な日だなんて、まだわからないことだから。

物はこわれるし、体も壊れる。
おいしいものは食べたら、なくなる。
愛は冷めるし、友情は薄れるし、子供は大人になる。そういうもんでしょ
でもだからって、そういうものの一切合切がなくたっていいわけじゃないから、来るべきものが運ばれてくるように期待することなら、簡単にできるような気がするのです。
愛情を渇望しているようで、やりきれないですし、恥ずかしくなりますが

「「君が好きだよ エイリアン この星のこの僻地で 魔法をかけて見せるさ いいかい」」

って、言ってもらえるように

(友人の結婚をSNSでしりました。さみしかったなあ 笑)





ジョージ・カーリンという、コメディアンが宛てた手紙の翻訳をよんでいました。
自分のためのメモでもあり、明日のために。そして、結婚した大事な友人のために。

ーーーーーーー

ビルは空高くなったが
人の気は短くなり

高速道路は広くなったが 
視野は狭くなり

お金を使ってはいるが 
得る物は少なく

たくさん物を買っているが 
楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが 
家庭は小さくなり

より便利になったが 
時間は前よりもない

たくさんの学位を持っても 
センスはなく

知識は増えたが 
決断することは少ない

専門家は大勢いるが 
問題は増えている

薬も増えたが 
健康状態は悪くなっている

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し 
笑うことは少なく
猛スピードで運転し 
すぐ怒り
夜更かしをしすぎて 
起きたときは疲れすぎている

読むことは稀で 
テレビは長く見るが 
祈ることはとても稀である

持ち物は増えているが 
自分の価値は下がっている

喋りすぎるが 
愛することは稀であるどころか憎むことが多すぎる

生計のたてかたは学んだが 
人生を学んではいない

長生きするようになったが 
長らく今を生きていない

月まで行き来できるのに 
近所同士の争いは絶えない

世界は支配したが 
内世界はどうなのか

前より大きい規模のことはなしえたが 
より良いことはなしえていない

空気を浄化し 
魂を汚し
原子核を分裂させられるが 
偏見は取り去ることができない

急ぐことは学んだが 
待つことは覚えず

計画は増えたが 
成し遂げられていない

たくさん書いているが 
学びはせず
情報を手に入れ 
多くのコンピューターを用意しているのに
コミュニケーションはどんどん減っている

ファーストフードで消化は遅く
体は大きいが 
人格は小さく
利益に没頭し 
人間関係は軽薄になっている

世界平和の時代と言われるのに
家族の争いはたえず

レジャーは増えても 
楽しみは少なく
たくさんの食べ物に恵まれても
栄養は少ない

夫婦でかせいでも 
離婚も増え
家は良くなったが 
家庭は壊れている

忘れないでほしい 
愛するものと過ごす時間を
それは永遠には続かないのだ

忘れないでほしい 
すぐそばにいる人を抱きしめることを
あなたが与えることができるこの唯一の宝物には 
1円たりともかからない

忘れないでほしい
あなたのパートナーや愛する者に
「愛している」と言うことを
心を込めて

あなたの心からのキスと抱擁は
傷をいやしてくれるだろう

忘れないでほしい
もう逢えないかもしれない人の手を握り 
その時間を慈しむことを

愛し 
話し 
あなたの心の中にある
かけがえのない思いを
分かち合おう

人生はどれだけ
呼吸をし続けるかで
決まるのではない

どれだけ
心のふるえる瞬間があるかだ

ジョージ・カーリン





[PR]

by saisei-kaji | 2017-03-22 21:41 | Comments(0)
2016年 05月 07日

わすれがたみ




I try to say goodbye and I choke
I try to walk away and I stumble
Though I try to hide it, it's clear
My world crumbles when you are not near




涙は乾く


[PR]

by saisei-kaji | 2016-05-07 23:15 | Comments(0)
2015年 01月 13日

雪の気

新年にかかる降雪で、外は白く明るく、冷たい息を吸い込みました。
b0346100_22035215.jpg
近所の子供が、靴の雪を落とさずにはしゃいでいて怒られていました。
声のする家の前にはバタバタと走り回った足跡と、ぞんざいに作られた雪だるま。
子供の無邪気な移り気で、大急ぎで雪を楽しんだ跡がかわいく思えました。
目に映るものが、薄いグレーと白の間に埋まり、影も容姿もその全容を消尽するようでした





b0346100_22123390.jpg
b0346100_22130967.jpg
日を変えて、粥の湯気の暖かさと七草の葉の色が、米の白さに浮かんで、凍てつく日を思い出しました

b0346100_22164767.jpg

[PR]

by saisei-kaji | 2015-01-13 21:30 | Comments(0)
2014年 09月 16日

夏のおわりと秋のはじまり

秋にさしかかり 陽気もさわやかな。

b0346100_10012844.jpg


[PR]

by saisei-kaji | 2014-09-16 09:56 | Comments(0)